×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KW乳酸菌でアレルギー症状緩和

     
KW乳酸菌でアレルギー症状緩和

KW乳酸菌は、アトピー症状や花粉症などのアレルギーに有効です。
KW乳酸菌は、免疫力を高めます

  
★KW乳酸菌の楽天で一番安い店はこちら★

KW乳酸菌とは

KW乳酸菌とは、名前の通り乳酸菌の一種です。
乳酸菌とは、糖を分解して乳酸や酢酸などの有機酸やビタミン類、芳香物質を作る微生物で、細菌に属します。
ヨーグルトやチーズ、バターなどの乳製品だけでなく、漬物、しょうゆ、みそ、日本酒などの製造にも関わっています。
「乳」から生成される菌という意味ではありませんのでお間違いなく。

KW乳酸菌は、キリンビールの基盤技術研究所がアレルギー症状や花粉症などの症状を緩和を目的に、 保有していた100種類以上の乳酸菌株の中から研究を行い、2002年に発見しました。
キリンでは、小岩井乳業との共同開発で、KW乳酸菌をヨーグルトに入れたり、カプセルに入れて発売したりしています。
KW乳酸菌は通称名で、正式名は「Lactobacillus paracasei KW3110」と言います。KWは小岩井乳業の略です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク


KW乳酸菌の効果

現在若者を中心にアレルギー悩む患者が増加し、その問題が急激に顕在化しています。
アレルギーには様々な疾患があり、花粉症を筆頭にアトピー性皮膚炎、食品アレルギー、アレルギー性鼻炎、 アレルギー性喘息などが特に患者数が多いことが知られています。

治療法は副作用が心配されるものや対症療法的手段が中心という現状ですので、今後は、KW乳酸菌のような免疫力を 高める乳酸菌の用いられ方や効果が期待されており、数ある乳酸菌の中でも、特に注目されています。

今後、どのように応用していくか、さらに研究が進められています。

KW乳酸菌の研究

 KW乳酸菌を摂取するとアレルギー指標となる血中IgE濃度が低下し、Th1/Th2バランスが改善することが確認されています。
以下のような研究結果が報告されています。
・対象:花粉症患者96人
・グループ:KW乳酸菌の粉末を50mg摂取するグループ、100mg摂取するグループ、対照粉末(プラセボ食)を摂取するグループ
・結果1:目に関する症状(涙・目のかゆみ)、鼻に関する症状(くしゃみ、鼻づまり)、日常生活支障度(総合判断)のいずれの指標に  ついても、KW乳酸菌摂取グループでは対照グループに対して低下しており、症状が改善していることがわかりました。
・結果2:また花粉症による炎症反応の指標となる血中好酸球数の調査結果は、対照グループと比較してKW乳酸菌摂取グループでは  上昇が抑えられる傾向が確認されました。これによりKW乳酸菌粉末の摂取による花粉症の症状改善の可能性が明らかになりました。

KW乳酸菌の摂取

スポンサード リンク

 妊娠中、授乳中でも、基本的には摂取しても問題ないとのことです。
しかし、この期間は普通の健康状態とは異なりデリケートな体質になっている為、担当医に相談したほうが良いでしょう。

また、乳幼児や小さい子供については、1才以上(離乳期を過ぎたら)であれば、大人と同じ量で構わないとのことです。
小さい子供の場合、カプセルやタブレットは喉に詰まらせる恐れがあるので粉末タイプを飲み物や水に溶いたり、食事に混ぜて摂取 したほうが安全です。

他の薬との併用については、基本的には問題ありませんが、薬を処方されている場合は、担当医師に相談したほうが良いでしょう。

★KW乳酸菌の楽天で一番安い店はこちら★
Copyright (C) 2008 KW乳酸菌でアレルギー症状緩和 All Rights Reserved.